前へ
次へ

ペットを散歩する時に気にするべき法律とは

ペットとして犬を飼っている場合は、定期的に散歩をする必要がありますが、散歩をする時にリードをつけないで野放しにすると危険です。動物の愛護及び管理に関する法律の中には、動物が人の生命や身体の他に財産等に害を加えないように飼い主の方が努める事が求められていますから、飼い主は犬が他人を傷つけないように配慮する必要があります。仮に放し飼い等にして、誰かを傷つけてしまった場合は、法律違反に該当する可能性があり、飼い主だけでなく犬も捕獲されたりする危険性がありますから、注意が必要です。その為散歩をする時はリードをつけて、第三者に危害が加わらないようにする事が重要です。ペットを散歩している時に安全性に気をつけていても、生理現象として糞をしてしまう事がありますが、糞を放置したまま帰宅すると法律違反になる事が考えられます。1回だけの行為であれば法律違反に問われるケースは少ないですが、悪質なケースになると罰せられる事もあるので、しっかりマナーを守る事が大切です。

Page Top