前へ
次へ

家電量販店の国営放送料支払いに関する法律問題

玄関に国営放送の受信料を支払う旨のシールが貼られているときがあります。この家庭においては受信料を銀行引き落としなどで支払っているので特に問題はないでしょう。でも実際に視聴をしていないのにテレビを保有しているだけで受診料徴収に関する書類が来るときがあり、その時はテレビがあるだけで支払う義務があると言われてしぶしぶ払う人もいるようです。テレビがあるだけで支払わないといけないとしたら家電量販店も当然支払っているのだろうと思うでしょう。国営放送の受信料に関する法律では放送の受信を目的とするテレビなどの保有者対して受信料を徴収するとしています。家電量販店にはたくさんのテレビがありますが、これらは家電量販店を運営する会社や社員が視聴するためではなく、テレビの性能を示すために置いています。視聴を目的としていないので受信料を支払わないとしても法律違反にはなりません。ただし従業員の休憩室などにテレビなどがあるのであれば、それに対する受信料は支払う必要があるでしょう。

Page Top