前へ
次へ

法律上無視ができるか否か

法律トラブルで頻繁に注意を促すことが謳われるのが、「お金絡み」です。借金、詐欺などが未だに解決されず、悩み、苦しむ消費者を救うために、法律に詳しい弁護士や消費生活センターなどが相談窓口になり、対応してくれています。例えば、よくありがちなのは、怪しい取立業者からの通知に対する対応です。こうした通知は、現在複数社から借り入れをしている債務者に送られています。延滞していないし、トラブルもなし、どこの金融業者なのかもあやふやであれば、何の法的効力も持ちません。放置しても問題はないですが、心配ならば、借り入れ先に報告し、内容の有無を確認してみましょう。ただし、弁護士などは、通知をした怪しい業者には連絡を取らず、無視することをアドバイスしています。脈ありと捉えられては、しつこく催促の電話や通知が入ってくる可能性大です。ちなみに、裁判所からの通知であれば、無視はできません。悪用した架空請求もありますが、速やかに裁判所に確認し、必要な場合には弁護士に依頼しましょう。

Page Top