前へ
次へ

国営放送受信料に関する法律上の問題

テレビやラジオ放送は電波を受信するためのテレビなどがあれば誰でも視聴できます。放送の中には無料で視聴ができる民法放送局と有料視聴の国営放送局があります。そのほかケーブルテレビや衛星放送においても無料で利用できる放送と有料のものがあるでしょう。無料放送なのは番組の間に広告を流しているからで、広告収入があるから視聴者からお金を取らない仕組みにしています。有料のところは基本的には広告を流さず視聴者からの受信料で運営を行っています。では国営放送の受信料に関する法律はどうなっているかですが、視聴したかどうかは別として視聴できる機械を保有していると払わなければいけないことになっています。テレビを持っている人の中には民放しか見ない人もいるでしょうが、民放しか見ていないからと言って受信料を払わないと違法になってしまいます。衛星放送などの有料チャンネルは受信料を払った人しか視聴できないようになっていますが、国営放送は誰でも視聴できるので仕方がないのかもしれません。支払わないときの罰則は法律においては定められていません。

Page Top